ゲジ眉の私がするメイク方法

PR|マツエク・アイラッシュ専門店 |頭を良くする方法のご紹介なら

目元のメイクはかなり重要というのは私も納得で、だからアイメイクと眉毛以外はかなり適当です。人と話す時に人の頬を見て話す人はいないでしょうし、口を見ていてもやっぱり変です。チラッと見ることはあるかもしれませんが、やっぱり人の顔のパーツで見ている時間が圧倒的に長いのは目ではないでしょうか。そして、人は言語以外でコミュニケーションをし、そのパーセンテージはなんと70%と言われています。そのうちで大きな割合を占めるのが、表情。これは眉毛によって大きく左右されるので、目元のメイクでも重要だと思っています。

 

私の眉毛のメイク方法ですが、もともとゲジ眉なのであまり時間はかけません。しかし、これは悩みでもあるのです。もっと眉毛が薄かったら色々形を変えたり色を変えたりできるのに。今の眉毛のメイク方法は、まずリキッドタイプのアイブローライナーで茶色を付けていくことから始めます。目頭に毛がないので、そこと自分の眉毛をナチュラルに繋げていきます。そしたら、そのアイブローライナーの反対側にセットで付いているスポンジを付けてより自然な眉へと近づけていきます。色はアイブローライナーと同じく茶色です。今まではここでお終いだったのですが、最近カラーチェンジアイブローを購入して使っています。私の場合キャンメイクのものが染まりがイマイチだったため、もうワンランク値段が高かった方を買えば良かったと後悔しました。

 

そちらならかなり染まりが良かったです。ゲジ眉の私でも染まったので、普通の眉毛の人ならかなり染まるのではないでしょうか。このカラーチェンジアイブローは肌に付くとなかなか取れないので、慎重に塗ります。眉毛の下の肌に付くとそこだけ妙に発色が良くて変になってしまいますからね。もし付いてしまったら綿棒等で取り除きます。水やお湯で湿らせた方がよく取れるかもしれません。
コンプレックスのゲジ眉、眉毛を剃るという方法もあるものの、ちょっと失敗しそうなのでまだできていない私です。

 

PR|お小遣いNET|生命保険の選び方|女性向けエステ.com|SEOアクセスアップ相互リンク集|AGAでお悩み解決|ダイエットチャレンジ100日|工務店向け集客ノウハウ|クレジットカードの即日発行じゃけん|健康に役立つ口コミ情報|健康マニアによる無病ライフ|内職 アルバイト|会社経営に必要な知恵袋|注文住宅のための用語集|